トラブルの相談がしやすいマンション管理会社BESTセレクション

top > マンション管理トラブルの相談について > マンション住民とのトラブルは管理人に相談

マンション住民とのトラブルは管理人に相談

 隣人とのさまざまなトラブルによって苦慮しているマンション住民はよく見られます。いろいろな性格、あるいは理解の仕方を持った方が隣り、あるいは一緒の建物に居を構えてるため、感性などの相違点から隣人に関する問題が発生するのも無理のないことと言えます。
とりわけ賃貸のケースでは、上下階の生活音が休むことなく聞こえ、苦慮しているという事もあります。 隣人との様々な問題は、その該当者の一方が転居するまでは付き合いが持続するので、トラブルが起きたら、間違いのないように処理することを意識しましょう。 トラブルが発生する原因は、騒音問題、或いは駐車場に関するトラブルそれから、ペット問題や、ゴミ出し問題などさまざまあります。マンションの上や隣にどういった人が生活しているか知らない人も少なくないのでしっかりした対応が必要になります。

 賃貸住宅において数多いとされる問題が、生活上の足音、あるいは話声それから、子供の泣き声等に起因する騒音といえます。騒音というものは相当主観的なものであり、音を発生させている当人も騒音を発生させているとは認識していないケースも少なくありません。
自身も知らない間に迷惑をかける事がある可能性があります。仮に、騒音、あるいは臭いといったさまざまなトラブルを生じさせてしまった場合は、まず第一にトラブルの要因にあたる隣人に対して困難に直面している中身を伝達して、苦情といったトーンではなく、穏便な振る舞いによって申し出るのが最適といえます。しかしながら、ダイレクトに隣人と取り交わしをすると、逆にトラブルの強さを増すケースも少ないとは言えません。仮に、直接的な対話に抵抗感があるなら、管理人に相談することが必要です。

 管理会社、あるいは管理人に対して相談したというようなケースで、トラブルの相談に乗ってくれるところそして、トラブルは対象者同士が解消するというスタイルのところが見受けられます。現実の上で相談に行った場合、管理人は一般的に考えて中立なポジションですから、同情的に応対されないこともあり得ます。
感傷的にならずに、冷静になって実際的な事実を伝達することを意識しましょう。 良い方向に向かわないのであれば、持ち主から隣人に騒音改善を促す内容証明郵便を出してもらい、調停の申し立てをするか、或いは賃貸借契約解除の訴訟を起こすべきといえます。賃貸借の契約解除するためには賃借人の債務不履行を欠かすことが出来ませんが、問題も悪影響を及ぼすものになれば、賃貸借契約で決められた用法に反するとして、賃借人の債務不履行と化すケースがあります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP