トラブルの相談がしやすいマンション管理会社BESTセレクション

top > マンション管理トラブルの相談について > マンション管理のトラブルなら早めの相談が大切です

マンション管理のトラブルなら早めの相談が大切です

マンション管理に関して、何らかのトラブルが発生した時には、個人でどう動くべきかを判断することは難しいかもしれません。
専門家であったり、専門の機関など、とにかく早めに相談をし、情報を集めることが大切になります。
どうして良いか分からずに、何もしないまま時間だけが経過してしまったというような事態は避けるべきと言えます。
どこに相談してよいか分からない場合は、友人や知人などに話をするところからはじめても良いですし、インターネット上で情報を探すのもありです。
とにかく何らかのアクションを起こすことが第一歩となります。
また、物事がスムーズに運ぶ場合ばかりではありませんので、トラブルの内容や日付、その経過など、詳細をメモしておくことも大切です。
情報を整理するという点からも、何が起きているかを把握するという点からも、書き留めておくことは役立つ筈です。



マンション管理はトラブルの相談件数も目安です

マンション管理について知りたいと思えば、トラブルの内容や、相談件数を把握するのも目安になります。
同じ様な内容のトラブルが多ければ、マンション管理の面で、弱い部分や甘い部分として捉えることが出来ますし、相談件数が多ければ、対応、もしくは物件に問題があるということも考えられます。
また、問題が起こった場合に、どう対処したかという点も大切になります。
同じ様な問題が繰り返されている様では、好ましくありませんが、トラブルはあったものの、しっかりと対応してもらったので満足しているということなら、評価すべきポイントになります。
また、起こり易い問題や、良くある具体例を知っておくことも役に立ちます。
相談件数の多いものでは、対応の仕方や流れについても情報が得られる場合が多いので、頭に入れておくことは参考になります。



マンション管理のトラブルを避けるためにはまず相談

人の生活は常になんらかのトラブルと隣り合わせです。
暮らしに使われる製品、場所、空間は常に時間とともに劣化していて人が作ったもので壊れないものは一切ないからです。
持ち家であれば全て事故の判断と責任でそれらの解決策を考えることができますが、マンションの場合はそれではいけません。
たとえば備え付けの家電が壊れた場合などはしっかりとマンション管理の担当者に相談する必要があります。
たとえばトラブルが起きたものの持ち主が住人のものなのか、マンションの管理会社のものなのか、あるいはオーナーのものなのかというのは契約上の約款によって異なってきます。
自分の判断で処分などをしてしまうと、思わぬ弁償を請求される可能性も出てきます。
必ず一度マンションの管理担当者に問い合わせることが大切です。
足元を見られないように、担当者の言っていることがどの契約に当たるのか、書面での確認も重ねて行っておけばより安心です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP