トラブルの相談がしやすいマンション管理会社BESTセレクション

top > マンション管理トラブルの相談について > マンション管理のトラブルの相談ケースを調べる

マンション管理のトラブルの相談ケースを調べる

マンション管理のトラブルというのは、実際には多くあります。
そして、そのトラブルに関する相談は年間で考えるとかなりの件数になります。
それだけ、多いということが言えます。
そこで、どのようなトラブルの相談ケースがあるのかといったことを調べたい場合にはどうすれば良いのかと言いますと、インターネット上にはそうした事例形式をまとめてくれているサイトがありますので、そちらのサイトを活用することです。
事例形式で掲載されていますので、具体的にどのようなことによってその問題が起こり、それがどのようにして発展して、どうやって解決に至ったのかといったことが分かりやすく掲載されています。
このサイトを閲覧すれば、マンション管理に関する相談から解決に至るまでの一連の流れを把握することができるようになります。
前述で挙げたサイトは、こうした一連の流れを把握する際にかなり役立つサイトとなります。



トラブルに関してはマンション管理会社に相談

マンションに住んでいると住人と口論になったり、マンションの設備に不具合がでるなどさまざまなトラブルがあります。
その時には、すぐにマンション管理会社に相談するのがお勧めです。
住人と何らかの問題で口論になった時は、うまく話し合いでおさまれば良いですが、なかなか話し合いだけではおさまらずにさらに関係がひどくなる可能性があります。
その時には、マンションの管理会社に仲介に入ってもらうとうまく解決できる可能性があります。
また、マンションの設備に問題がでて困るという場合もすぐに連絡をして早めに改善してもらいます。
マンション管理会社は住人のトラブルに関してもうまく対応してくれる可能性があるので、相談する事は大事です。
電話でお話するのも良いですが、直接管理会社のオフィスに来店してお話した方が相手に伝わりやすいですから、直接お話しするのがお勧めです。



マンション管理のトラブルを相談できる相手

マンションで発生する様々な問題に対して、住民の立場からアドバイスや指導を行ったり、トラブルに対する解決策を図るのは、管理士の役目です。
例えば、分譲業者が分譲前に、規約共用部分として、とある部屋を集会室とすることを予め定めておくことがあります。
第三者側からすると、せっかくマンションを購入しても自分のものにならない、などの相談をマンション管理・管理業務主任者に行うこともできます。
規約を定める場合でも、区分所有者及び、議決権の各4分の3以上の多数による集会の会議が必要です。
規約共用部分とされてしまうと、その売却などの処分までが制限されることになります。
素人目からは、専用部分となりうる建物の部分は規約によって共用部分ですが、外観からは専用と共用の変化は気付きにくく、処分などの際に、知らずに取引をしたがために、法的処置が取られるケースも可能性としてあります。
主張するにも権限を持たないなど、こうした相談に対し、対抗できるのもマンション管理士です。
近年、不動産売買は全国的に増加し、特にマンションは区分所有者が1人とは限らず、住民のためのコンサルタントと言うよりも、マンション管理会社との仲裁役として携わってくれます。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP