トラブルの相談がしやすいマンション管理会社BESTセレクション

top > マンション管理トラブルの相談について > 購入したマンションの部屋の水漏れは実費?

購入したマンションの部屋の水漏れは実費?

 購入したマンションの部屋で水漏れが起きた際に、復旧費用がその水漏れが起きたマンションの部屋の所有者の負担となるかどうかは水漏れの原因となった箇所によって異なります。例えば、給湯管から水漏れが起きた際には、給湯器が所有者の持ち物であることより、所有者が実費精算する必要が出てきます。しかしながら、排水管や給水管の場合には、マンションの規約によってマンション全体の共有物となっていることもあります。
このような場合には、マンションの設備のせいで水漏れが起きたと考えられます。そのため、マンションの管理組合の負担の元に復旧を行うようになります。このときの復旧費用は毎月マンションへ支払っている管理費等よりまかなわれます。マンションの共有物となっているものは、給水管や排水管だけではありません。

 例えば、最上階で水漏れがあった場合には、屋上の防水層の劣化が原因と考えられます。屋上はマンションの共有物であるため、屋上防水層の劣化の補修はマンションの管理組合にて行うこととなります。また、被害宅の復旧作業も、マンションの管理組合の負担にて行ってもらうことができます。バルコニーからの水漏れも同じです。バルコニーはマンションの共有物のために、被害宅の復旧費用の負担は、マンションの管理組合となります。
このような雨漏りによる損害の場合などに備えてマンションでは、マンション用の火災保険に加入しています。原因箇所の復旧はできないものの、被害宅の復旧費用についてはマンション用の火災保険にてまかなうことができます。そのため、被害の復旧についてマンションの管理組合へしっかりと自分の意見を伝えるようにしましょう。

 その他にも、上階のトラブルにより、水漏れが行っている場合もあります。多いのが洗濯機からホースが外れてしまうことです。もし、このようなことが行ってしまうと上階より水漏れが起こり、家財が被害を受けてしまうことでしょう。この場合には、もちろん上階の人の費用負担にて被害の復旧を行います。しかしながら、お金がなかったり、水漏れの責任を認めなかったりと被害の復旧を行ってもらえない可能性もあります。
このようなことがないように、個人でも火災保険に加入するようにしましょう。個人で火災保険に加入することにより、水漏れにより家財が被害を受けた際には、損害について補償を受けることができるようになります。雨漏りは原因の箇所を探すことも難しいこともあります。そのため、もし水漏れが確認された際にはマンションの理事長、または、マンションの管理会社へ相談してみるとよいでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP